宮城県高齢者・障害者虐待対応専門職チーム             up 2016.03.01.

本文へジャンプ



高齢者・障害者協議会とメンバー
対応のフロー
高齢者・障害者虐待対応
アセスメントシート
費 用
    活動開始 平成19年

4月26日専門職チーム研修開催
5月29日記者会見
6月1日実働開始
6月5日地域包括向け説明会及び
     研修会
開催

9月1日「福祉みやぎ」で紹介
リンク

  セミナー資料
2012.虐待の判断・対応方針のギャップ
2013.市町村長によるやむを得ない措置
   と社会福祉法人
施設の役割


このチームは,仙台弁護士会・宮城県社会福祉士会により設置された


「高齢者・障害者虐待対応連絡協議会」が運営しています

 活動の趣旨  

 高齢者・障害者虐待対応及び予防について,法律・福祉の専門性をもって,対応の適正性,介入方法,保護の後の対処法などの相談に応じ,アドバイス・訪問等により,地域包括支援センター等が有効に機能できるよう支援します。


想定される対応の例

・対応の適正性の確認
・介入方法のアドバイス
・地域ケア会議への出席
・同行訪問
・予防・救済のための活動支援
・関係機関団体との連携支援 等


手続き
・アセスメント表に記入し、Eメール  
 かFAXで連絡ください。(緊急時 
 は直接電話で!)

虐待対応セミナー(仙台弁護士会館)

受付窓口
981-0955 仙台市青葉区三条町10-19 PROP三条館内
TEL 022-233-0296 FAX 022-393-6296 Eメール: mail@macsw.jp